FC2ブログ

Just cozy space ~心地いい空間探し~

Y's design studio's Blog

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『琉球畳』と『縁なし畳』の違い

最近、以前に比べ、畳スペースを残したり、敢えて畳スペースを
作りたいというご要望が増えている気がします。


先日も、洋室しかなかったマンションのリノベーションを行ったのですが、
クライアントがアメリカ人だったため、敢えて小上がりのある畳スペースを
設置したいとのご要望がありました。



写真
小上がりの畳スペース



その際、畳を通常の長方形の畳にするか、正方形の畳にするかで
クライアントはかなり悩まれていました。

通常の畳は皆さんもよく御存じの長方形で、へりに縁がついているもの。



_1DX4159.jpg
通常の縁有りの長方形畳を使用した和室



正方形の畳とは、その長方形の約半分の縁サイズで形が正方形の畳のことです。



正方形タタミ
座面に正方形の『縁あり畳』を使用した椅子



ただ、6帖間で比べてみると、通常の長方形の畳が6枚ですむのに比べ、
正方形の畳の場合は12枚の畳が必要となり、どうしても価格が割高になってしまいます。

そして、正方形の畳には、縁が有るものと無いものがあり、
『見た目がいい』という理由から、一般的には縁の無い畳が好まれます。

縁が無いとスッキリ見え、よりシンプルでモダンな空間にも合います。



tatami.jpg
正方形の縁なし畳を『市松敷き』したもの



※市松敷きとは、畳の目を同じ方向ではなく一枚ごとに向きを変えて
 市松模様を作るように敷いた敷き方のことをいいます。



以前、畳屋さんも言われていましたが、正方形の『縁なし畳』=『琉球畳』と
思っている方も大勢いらっしゃるようですが、そうではありません。

琉球畳』は通常の畳に比べて畳の目が細かいのが特徴で、その名前の通り、
沖縄で生産された『強度のあるイグサ』を使用して作られたものです。

この『強度のあるイグサ』とは、カヤツリグサ科の七島藺(しっとうい)という草を使用し、
このイグサで織られた畳表を使って作られた畳を、正方形でも長方形でも
本物の『琉球畳』と呼ぶのだそうです。


ただ、この『琉球畳表』は機械ではなく、全て手織りの作業で織られるため、
最近では後継者難の問題から、本当の沖縄産の手織りものは少なく、
熊本や中国で織られた七島イグサを使用したものもが増えているそうです。

熊本産や中国産のものは本当の『琉球畳』ではないため、
正式には『琉球畳風(もどき)』と呼ばれています。


上記のような問題から、本当の『琉球畳』は非常に高価なため、
最近の正方形で縁の無い畳は、『琉球畳風(もどき)』や『縁なし畳』が主流となっています。

縁なし畳』とは、現在、正方形の『琉球畳』の代わりに主流になっているもので
通常のイグサを『目積織り』という手法で細かく織り上げている『目積表』を使用しています。

これは一般的な畳表とも違う織り方で、縁無しの畳を作り易いように
より細かい織り目になっています。


IMG_4942_20140517122055ade.jpg
左から通常の畳表 目積表 琉球表



以上のように、現在では正方形で縁の無い畳の主流は『縁なし畳』と言うことになります。

縁なし畳』は見た目にもシンプルで素敵ですが、縁が無いので、
縁有りの畳に比べるとへりの傷みが早く、価格も高くなりますので、
使用する部屋の用途とメリット、デメリットを考慮して選ばれると良いと思います。



* Y's design studio *


スポンサーサイト

| 建築用語・知識 | 12:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

築45年の木造家屋の壁の内側は・・・

現在、築年数45年以上経過している古い木造戸建て住宅の
耐震絡みのリフォーム工事を行っています。

耐震工事の為、殆どの内壁のボードを剥がしたのですが、
その内壁の下から出てきたものは、、、、



真っ黒い断熱材!!! (グラスウール)



IMG_6812.jpg
真っ黒く汚れた断熱材



築年数45年以上の木造家屋だった上、下見に伺った際に確認した床下にも
断熱材が入っていなかったので、壁にも断熱材は入っていないと想定していました。

というのも、今まで、築年数40年以上の家屋も何件もリフォームしてきましたが、
床・壁・天井のどこにも断熱材が入っていたケースは一度もありませんでした。

(酷い場合は、築年数15年ほどでも床下には断熱材が入っていない物件もありました。)


ところが、全面の壁下と天井裏から真っ黒い断熱材が出てきたのです。

(グラスウールが入っていたことから、多分、建てた当初ではなく、
 一度リフォームされたときに入れられた可能性が高いと考えられます。)


今まで、戸建ての木造住宅の内壁のボードを剥がしたことは何十回もあり、
少し汚れた断熱材を見たことは何度もありましたが、ここまで真っ黒く汚れた
断熱材を見たのは初めてでした。

最初、余りの黒さのため黒カビだと思い込んだのですが、よくよく考えてみると、
築年数45年の風通しの良過ぎる古い木造家屋で、こんなに壁全面の断熱材が
カビで真っ黒くなるのはちょっと考え難いうえ、下地のボードは綺麗だったので
不思議に思い、断熱材専門の会社に確認してみることにしました。


すると、、、この黒い汚れは、『煤(すす)汚れ』と判明。


一度もリフォームされていない日本の古い木造家屋に一度でも住んだり、
泊まったりした経験のある方はご存知かと思いますが、マンションや
近年の新しい住宅に比べ、本当に風通しが良過ぎて、冬はとても寒いのです!!!

床下の換気口や隙間から入った風が壁を通って天井裏まで抜け、その際に、
道路や近隣からの塵や埃、煤が一緒に入り、断熱材が真っ黒くなるのだそうです。

でも、カビではないことが判明して一安心しました。


その後、工事も順調に進み、GW前にはお引き渡しが出来そうです。



最近、古い日本家屋を購入してリフォームする方もたくさんいらっしゃるので
予備知識として参考にしていただければと思います。

それにしても、築年数40年以上経っている木造家屋の場合、色んな想定をしていても、
解体をしてみると想定外のことが発覚することも多々あります。

でも、それも含めてリフォーム&リノベーションの楽しさ&醍醐味なのですが。。


(これだけ汚れて古い断熱材は、断熱材としては殆ど機能を
 果たしていないので、もちろん、交換することをお勧めします。)



* Y's design studio *


| 建築用語・知識 | 14:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リノベーションセミナーに参加して思うこと・・・

今日の東京は13年ぶりの大雪らしく、現在吹雪いていて視界が真っ白です!



IMG_6150.jpg

IMG_1449.jpg
雪景色



さて、昨日は久々にセミナーに参加してきました。


TOTO、DAIKEN、YKK AP主催、リノベーション推進住宅協議会共催の
『リノベーションセミナー2014』です。


小さな規模で仕事をしていると、どうしても業界の最新の情報が入ってき難くなると
思うので、機会があるときには、できるだけセミナー等にも参加するようにしています。



セミナーの内容はリフォームではなくリノベーションに特化している内容で
特に目新しい情報や発見はありませんでしたが、今まで知識として持っていたものを
表にまとめられてスクリーンで見ると、頭のなかでバラバラになっていたものが
整理されたので良かった気がします。


※近年、日本ではリフォームとリノベーション、コンバージョンなど
 工事規模や工事内容で言い方が分けられているようです。



securedownload2.jpg

securedownload4.jpg
こんな感じです



現在、小さな規模でマンションや戸建てのリノベーションを中心にお仕事をさせて
頂いていますが、機会に恵まれたお蔭で、今までにハウスメーカーの商品開発や
ショールームの設計、将来のリノベーションを見据えた大規模な新築タワーマンションの
プロジェクトでプロポーザル~基本設計までさせて頂いたり、国交省推奨の
長期優良住宅関係のプロジェクトや、世界的に有名なインテリアデザイナーの
大規模リノベーションプロジェクトなどに参加させて頂く等、面白いプロジェクトに
参加させて頂く機会が多々ありました。


そのお蔭で色々な繋がりもでき、ありがたいことに、今でも面白いプロジェクトや
セミナーに参加させて頂く機会があり、業界の様々な情報を教えて頂けることには
とても感謝しています。


今後も色々なプロジェクトやセミナー等に参加させて頂いて、
それを少しでも皆様に還元しながら、お手伝いをさせて頂ければと思います。



* Y's design studio *


| 建築用語・知識 | 16:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

建築士定期講習

今日は、建築士の定期講習を受けてきました。


あいだに休憩時間はあるのですが、朝9時20分~17時半まで、
講習と修了考査(試験)がみっちりあり、かなり集中力が必要でした。


この講習は、21年から24年3月末までの3年間の間に
受講しないといけないのですが、ギリギリなんとか間に合いました!

ただ、講習後の修了考査に合格しないと
再講習になってしまうのだとか。。。

でも、寝ないでちゃんと講習を聞いていれば、
今日の講習で聞いた内容なので、余程間抜けなことを
していない限り、大丈夫だとは思いますが。。。



講習テキスト


テキスト中身
講習テキスト



それにしても、、、、
色んな建築関係の講習会に出席するたびに感じるのですが、
以前に比べ、大分、女性建築士が増えたとは思うのですが、
割合から言うと、日本では、まだまだ女性建築士が少ないようです。

今日の講習会に参加していた女性建築士は、
出席者全体の1割にも満たないようでした。

もっと女性建築士が増えてくれると嬉しいのですが。。。



* Y's design studio *


| 建築用語・知識 | 22:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カバーリングサッシ

皆さん、『カバーリングサッシ』 ってご存知ですか?


マンションの場合、サッシは共有部分とみなされ
リフォームの際に、サッシを交換することはできません。

そのため、たくさんの方が、インナーサッシで
我慢される場合も多いのが現状です。


今、エコポイントの普及で、インナーサッシをご存知の方は
たくさんいらっしゃると思います。

室内からの見た目や遮音、断熱性能が良くなり、結露も防げ、
サッシを交換するよりはかなり安いので、お勧めです。


ただ、古いマンションで、サッシの建てつけ自体が悪くなっていて、
開け閉めに不具合が出ている場合は、インナーサッシでは解決できません。

そこで、この問題を解決できるのが、
『カバーリングサッシ』 と言われるものです。


これは、サッシの建具は全て新しく交換し、サッシ枠は、
既存のサッシ枠を新しいアルミの枠でカバーするものです。

サッシの高さを高くしたり、ワイドを広くしたりはできませんが、
見た目には、全く新しいサッシのようになります。

もちろん、サッシの開け閉めもスムーズになります。


先日の築40年以上のマンションの既存のサッシは、
サッシ自体も重く、中桟などがあり、見た目にも綺麗ではありませんでした。

そこで、カバーリングサッシをお勧めしました。

価格は、インナーサッシに比べて、かなり高価ですが、
こちらのお宅には専用庭もあり、頻繁に出入りする場所なので、
二重サッシは不便と思い、今回はカバーリングサッシをお勧めしました。



既存サッシ
既存のリビングサッシ

(これはクリーニング後の2Fの既存サッシですが、1Fも全く同じ形でした。)



カバーリングサッシ
新しいカバーリングサッシ



中桟がなくなり、サッシの枚数も減り、見た目にもかなりスッキリ!

ペアガラスになったにも関わらず、サッシが軽くなり、開け閉めも楽になりました♪


ただ、カバーリングサッシは、マンションに依っては、
許可が出ない場合もあります。

カバーリングサッシに交換されたい場合は、
マンションの管理組合に問い合わせてみてください。



* Y's design studio *


| 建築用語・知識 | 13:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。