Just cozy space ~心地いい空間探し~

Y's design studio's Blog

2010年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ホテル並みのゲストルーム??

今日は、お引渡し前の現場チェックに行ってきました。

戸建住宅の一部分のリノベーションです。


もともとご両親が使用されていたLDK+和室+水周りを
広めの洋室+納戸+水周りに変更しました。

デザインより、機能・実用性重視で、ゲストルームとしても使え、
将来の介護にも備えて、オールバリアフリーで、将来、車椅子も
通れるように設計してあります。



バリアフリー
オール引き戸・バリアフリー



納戸
使用用途を考慮した納戸



将来、こちらを使用される予定のクライアント様自身も
還暦は超えられていますが、まだまだお元気なので、
当分はゲストルームとして使用されることになりそうです。

でも、床暖房付で、しかも浴室・洗面・トイレ付きの
ゲストルームって、まるでホテル並みですよね!?


若干の残工事がありますが、今週末お引渡し予定です。



* Y's design studio *


スポンサーサイト

| 仕事の話 | 23:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

DESERT FLOWER

昨日は映画のレディースデーということもあり、
「デザート・フラワー」 を観に入ってきました。

これは、世界的トップモデルのワリス・ディリーの
自叙伝を元に、彼女自身の監修で映画化された作品です。

以前、彼女の自叙伝を読んだことがあり、
そのときも、深く感銘を受けたのを覚えています。


この作品は、彼女のリアル・シンデレラストーリーですが、
どちらかと言うと、それはサブ・テーマで、メイン・テーマとして
FGM(女性器切除)という重大でシリアスな問題を扱っています。

「これが本当に今の世界で起きていることなの?」 と
信じがたいような、過酷な現実をも描き出しています。

目を背けたくなる様なシーンもありました。

映画の途中から胸が絞めつけられる思いで、
拭っても拭っても、涙があふれ出てきました。。。


それでも、ワリス・ディリーの困難を乗り越える強さと勇気、
壮大なスケールで描き出された世界観は素晴らしく、
最後は清々しい気持ちになりました。


残念なことに、未だに、FGMの慣習(被害?)により、
アフリカを中心に、世界中で、1日6000人もの少女達が、
性器切除を施されているそうです。。。

とても残酷なことで、風習と言うよりも、
女性虐待ではないかと思います。

早く、このような残虐な風習が、
世界中から根絶されることを願います。


一人でも多くの方に観て頂きたい作品です。



* Y's design studio *


| 趣味・芸術 | 18:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

謹賀新年!

明けましておめでとうございます。

昨年も色々な方々と出会い、
たくさんの経験をすることが出来ました。

ありがとうございました。

今年も心機一転、様々なことに
チャレンジできればと思っております。



さて、今年の年賀状ですが、もうお手元に届いた方と、
まだ届いていない方といらっしゃるとは思いますが、、、

今年も干支バージョンと、旅先の風景バージョンの
二種類の年賀状を作りました。



年賀状2011
干支 卯 バージョン

柄にも無く、可愛い感じ↑で作ってみました♪ ^^;



年賀状2011②
旅先の風景バージョン

昨年秋に行ったネパールの風景です。



皆さま、本年も何卒よろしくお願い申し上げます。



* Y's design studio *


| Y's design studio | 12:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。