FC2ブログ

Just cozy space ~心地いい空間探し~

Y's design studio's Blog

2011年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

デザインより機能重視の方へ・・・

以前、「便器は日本製に限る??」 という記事を
ブログで書いたことがあります。

ただ、最近、タンクレスの便器も増えているので、
一概には言えなくなってきました。

タンクレスの便器の場合、やはり水圧の状況によっては、
水が流れにくい事例があるようです。

(特に、高架水槽の設置されていない中高層のマンションの
 中・上層階でこのような事例があるようです。)



先日、キッチンの水栓を日本製からアメリカ製のものに
交換したお宅があります。

以前、同じアメリカ製品を、マンションの3階と、戸建住宅の1階にある
キッチンのリフォームで、設置したことがあります。

そのときは、水の出に全く問題がありませんでした。



人気の高いアメリカ製の水栓
人気の高いアメリカ製の水栓



しかし、今回は、同じ製品にもかかわらず、
マンションの高層階(10階以上)で設置したせいか、
水量が、既存の日本製品に比べると、かなり少ない感じです。


水量が少な過ぎて生活できないということはありませんが、
水を多めに出して使われる方には、少し物足りない感じです。

(まぁ、地球環境にはやさしいし、シャワー水栓なので、
 シャワーにして使用していただければ、特に不自由は無い程度ですが。。。)


近年、築年数の浅いマンションは、中高層の場合でも
衛生面を考慮して、高架水槽を設置していないマンションも増えています。

その場合、上層階へ水を引き上げるには、かなりの水圧が必要になります。

物理的に考えても、下層階に比べて水圧は当然低くなります。

そういう場合には、上層階でアメリカ製の衛生機器類を使用すると、
水圧の関係から、水の出が悪いと感じるような場合もあるかもしれません。

(アメリカ製の便器は特に、もともと日本製に比べて
 流れの悪い製品も多いようです。)


特に、デザインより機能を重視する場合は、
それぞれの住戸環境を考慮し、製品を選ばれることをお勧めします。



* Y's design studio *

スポンサーサイト



| 建築用語・知識 | 18:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |