FC2ブログ

Just cozy space ~心地いい空間探し~

Y's design studio's Blog

2011年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

建具いろいろ

以前、いろいろな種類の階段をご紹介しましたが、
意外と好評でしたので、今回は、色々な建具をご紹介したいと思います。


一口に 『建具』 と言っても、框戸、格子戸、フラッシュ戸、
ルーバードアなど、色んなタイプのドアがあります。

それぞれの物件に合わせ、新たに製作したドアや、
今までに使用した輸入ドアを、何度かに分けてご紹介します。


今回は主にガラス(ミラー)入りのドアです。



こちらは↓リブタイプの型ガラスが入った輸入ドア。


輸入ドア
材:スプルス材 仕上:ウレタン塗装


リブガラス
縦リブガラス



上記のような輸入ドアは、サイズが決まってしまっているので、
似たようなデザインをご希望された際に、制作対応しています。


こちら↓は高さが2.2m必要だったのでバランスを考慮し、デザインを少し変えました。


格子デザインガラス
材:シナ材+スプルス 仕上:ウレタン塗装


チェッカーガラス
チェッカーガラス



こちらは↓大正ロマンの雰囲気に…というご要望に合わせてデザインしたドア。


大正ロマンタイプ
左:シナ材+スプルス材 仕上:ウレタン塗装 / 右:オーク材 仕上:オイルフィニッシュ
ガラス:タペストリーガラス



こちらは↓シンプルな框ドアと引き戸。


框戸
材:オーク材 仕上:オイルフィニッシュ


引き戸の引手は、ステンレスのフラットバーを差し込んでシンプルに。


ステンレスバー引手
ステンレスフラットバー引手



こちらは↓ガラスの代わりに、アクリル板を入れた引き戸。


アクリル入り格子戸
材:ナラ材 仕上:オイルフィニッシュ 



こちらは↓シンプルガラス入りの框ドア。


ガラス入り框ドア
材:シナ材 仕上:ウレタン塗装 ガラス:クリアガラス



こちらは↓大きめのリブタイプの型ガラスが入った格子ドア。


リブガラス入り框戸
材:オーク材 仕上:オイルフィニッシュ ガラス:縦リブ



こちらは↓ミラーをはめ込んだフラッシュ引き戸


ミラードア
材:シナ材 仕上:ウレタン塗装


スリット引手
引手はシンプルなスリットタイプ



材料やデザインを変えれば、それぞれのイメージに合った建具を制作できます。



* Y's design studio *



スポンサーサイト

| プロセス・施工例 | 13:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お知らせ&お願い

昨年の夏辺りから、稀に(数ヶ月に一度位)ですが、
メールが遅延して届くことがあります。


たまたま、急ぎでないものばかりで、
まだご迷惑をお掛けしてはいないと思うのですが、
原因不明の為、また起こらないとも限りません。。。



基本的には、メールを頂いたら、
当日か翌日中には返信しております。

万一、それ以上経ってもこちらから返信が無い場合は、
お手数ですが、再送信していただければと思います。


今後とも、よろしくお願い申し上げます。



* Y's design studio *


| Y's design studio | 17:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カバーリングサッシ

皆さん、『カバーリングサッシ』 ってご存知ですか?


マンションの場合、サッシは共有部分とみなされ
リフォームの際に、サッシを交換することはできません。

そのため、たくさんの方が、インナーサッシで
我慢される場合も多いのが現状です。


今、エコポイントの普及で、インナーサッシをご存知の方は
たくさんいらっしゃると思います。

室内からの見た目や遮音、断熱性能が良くなり、結露も防げ、
サッシを交換するよりはかなり安いので、お勧めです。


ただ、古いマンションで、サッシの建てつけ自体が悪くなっていて、
開け閉めに不具合が出ている場合は、インナーサッシでは解決できません。

そこで、この問題を解決できるのが、
『カバーリングサッシ』 と言われるものです。


これは、サッシの建具は全て新しく交換し、サッシ枠は、
既存のサッシ枠を新しいアルミの枠でカバーするものです。

サッシの高さを高くしたり、ワイドを広くしたりはできませんが、
見た目には、全く新しいサッシのようになります。

もちろん、サッシの開け閉めもスムーズになります。


先日の築40年以上のマンションの既存のサッシは、
サッシ自体も重く、中桟などがあり、見た目にも綺麗ではありませんでした。

そこで、カバーリングサッシをお勧めしました。

価格は、インナーサッシに比べて、かなり高価ですが、
こちらのお宅には専用庭もあり、頻繁に出入りする場所なので、
二重サッシは不便と思い、今回はカバーリングサッシをお勧めしました。



既存サッシ
既存のリビングサッシ

(これはクリーニング後の2Fの既存サッシですが、1Fも全く同じ形でした。)



カバーリングサッシ
新しいカバーリングサッシ



中桟がなくなり、サッシの枚数も減り、見た目にもかなりスッキリ!

ペアガラスになったにも関わらず、サッシが軽くなり、開け閉めも楽になりました♪


ただ、カバーリングサッシは、マンションに依っては、
許可が出ない場合もあります。

カバーリングサッシに交換されたい場合は、
マンションの管理組合に問い合わせてみてください。



* Y's design studio *


| 建築用語・知識 | 13:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

三頭山

GW中に、奥多摩の三頭山に行ってきました。


毎年この時期になると、山登りをするのですが、
昨秋、ネパールでのトレッキングを含め、少しハードな山が続いたので、
今回は今年初登山(?)と言うこともあり、手軽に登れる三頭山にしました。

高さは1531mありますが、都民の森(標高1000m)まで
車で上るため、実質登るのは500m強なので、休憩を含めても
3~4時間あれば、十分に登って降りて来ることができます。


前日までの天気予報がハズレ、当日の朝、都内でも雨がぱらついていたので
様子を見て、かなり遅めのスタートになりました。

お昼前に都民の森に着き、午後から、早く出発した方たちと入れ違いで出発。

スタートしてまもなくは、こんな↓木のチップの道が続きました。



木チップ道



軟らかくて衝撃が少なく、歩き易かったです!



スタート地点からの景色
スタートしてまもなくの風景



これは↑スタートして間もなく撮った写真なのですが、
標高が高いだけあり、見晴らしは良かったです。


しばらく行くと、『三頭大滝』に到着。

うん??これが大滝??(苦笑) という程度の小さな滝でしたが、
山の中で聞く水の音は、清々しくて気持ちがいい~♪



三頭大滝
三頭大滝



頂上が近づくにつれて、霧が出てきて、気温が下がってきました。。。

簡単な山でも、山は山。

やっぱり、山をなめてはいけません。。。


頂上に着いて気付いたのですが、
頂上は、東京都と山梨県に跨っていました。



三頭山山頂(東京都側)
三頭山山頂(東京都側)



三頭山山頂(山梨側)
三頭山山頂(山梨側)



頂上からの見晴らしは、全く良くなく、
気温も低く寒かったので、急いでお弁当を食べて下り始めました。

(お天気が良ければ富士山も綺麗に見れるようなのですが。。。)



手抜きお弁当
手抜きお弁当



3時過ぎには都民の森まで戻ってきたので、
直ぐにバスに乗り込み、温泉へ直行しました。



奥多摩の山に登ったときに時々立ち寄るのが、『瀬音の湯』



瀬音の湯
緑に囲まれた瀬音の湯



近くにはこんな↓素敵な風景も広がっています。



瀬音の湯近辺



山登りの後の、自然の中での温泉とビール は格別!!

これがあるから山登りは止められないのかも!??(笑)

次は、どこの山に登ろうかな~!?



* Y's design studio *


| 趣味・芸術 | 13:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。