Just cozy space ~心地いい空間探し~

Y's design studio's Blog

2015年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ちょっと難しい2×4二世帯住宅のリノベーション

今年ももう半年が過ぎ、あっという間に7月になりました。


それにしても、今年の梅雨はよく雨が降りますね。

ここ約2週間の間に晴れた日は2日だけで、東京は1週間以上雨が降り続いています。

週間予報を見てみると、今週金曜日までは雨が続く予定になっていますが、
台風9、10、11号が同時に発生しているので、もっと長引くかもしれません。。。

あまり大雨が続くと、外部工事がある場合には影響があるので、少し心配です。


さて、現在2×4の混構造4層の二世帯住宅のリノベーションの第一期工事中なのですが、
分かってはいたことですが、やはり2×4の間取りを大掛かりに変えるノベーションは、
想像していた以上に大変です。

在来木造の場合は予算さえあれば、スケルトンにしたり、大掛かりな間取り変更でも
殆どの場合問題ありませんが、空間ごとに強度を計算されていて大開口が取れない
2×4工法の場合は、間取り変更の自由度が低く、既存壁を取り除いてもどこかで
それを補う壁を造作しなくてはなりません。


2×4の間取りを大きく変えないリノベーションは何度も経験がありますが、
今回は、2世帯+1R賃貸×2住戸だった物件を完全分離の2世帯に変えるため、
どうしても大掛かりな間取り変更をせざるを得ませんでした。

しかも、、、もう既に無くなっている工務店さんが建てた物件で、通常の2×4と
かなり違う根太掛け方法等が採用されていたり、かなり大胆に構造部に穴を開けたり
欠いて既存配管を通したり、UBを設置してありました。

構造部分の既存図が残っていたのが救いでしたが。。。




P6014350.jpg
根太を貫通していた既存配管



P6014334.jpg

P6014349.jpg
UBのための大胆な根太加工




当初はあまりにも大胆に根太に穴を開けたり加工してあることに驚きましたが、
もう既に築25年以上経っていても、建物にクラックが入ったりするような影響も
特に出ていないし、大胆な欠損部の下は地下のRC構造に乗っている部分もあり、
今後も特に大きな問題はないと思います。

そのうえ、水平面の構造用合板にかなり厚い材が使われていたり、通常なら
2本抱き合わせになっているところが3本になっていたりと、どちらかと言えば
通常の2×4工法より強度があるような構造になっていましたが、念の為、
欠損部には補強を加えておきました。




IMG_9469.jpg
構造補強した箇所




もうすぐ大工工事も一度終わりますが、2階に住まわれながらの工事のため、
これから2階部分の既存配管を撤去して、下の構造壁を撤去して仕上げていく
箇所もあるので、工事が終わるのは8月上旬の予定です。




P6014361.jpg
これから撤去する2階の既存配管



P6014357.jpg
これから撤去する構造部




まだまだ気が抜けませんが、大きな問題も無くスムーズに完工に向かうよう願っています。




* Y's design studio *



スポンサーサイト

| 仕事の話 | 14:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。