FC2ブログ

Just cozy space ~心地いい空間探し~

Y's design studio's Blog

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

カバーリングサッシ

皆さん、『カバーリングサッシ』 ってご存知ですか?


マンションの場合、サッシは共有部分とみなされ
リフォームの際に、サッシを交換することはできません。

そのため、たくさんの方が、インナーサッシで
我慢される場合も多いのが現状です。


今、エコポイントの普及で、インナーサッシをご存知の方は
たくさんいらっしゃると思います。

室内からの見た目や遮音、断熱性能が良くなり、結露も防げ、
サッシを交換するよりはかなり安いので、お勧めです。


ただ、古いマンションで、サッシの建てつけ自体が悪くなっていて、
開け閉めに不具合が出ている場合は、インナーサッシでは解決できません。

そこで、この問題を解決できるのが、
『カバーリングサッシ』 と言われるものです。


これは、サッシの建具は全て新しく交換し、サッシ枠は、
既存のサッシ枠を新しいアルミの枠でカバーするものです。

サッシの高さを高くしたり、ワイドを広くしたりはできませんが、
見た目には、全く新しいサッシのようになります。

もちろん、サッシの開け閉めもスムーズになります。


先日の築40年以上のマンションの既存のサッシは、
サッシ自体も重く、中桟などがあり、見た目にも綺麗ではありませんでした。

そこで、カバーリングサッシをお勧めしました。

価格は、インナーサッシに比べて、かなり高価ですが、
こちらのお宅には専用庭もあり、頻繁に出入りする場所なので、
二重サッシは不便と思い、今回はカバーリングサッシをお勧めしました。



既存サッシ
既存のリビングサッシ

(これはクリーニング後の2Fの既存サッシですが、1Fも全く同じ形でした。)



カバーリングサッシ
新しいカバーリングサッシ



中桟がなくなり、サッシの枚数も減り、見た目にもかなりスッキリ!

ペアガラスになったにも関わらず、サッシが軽くなり、開け閉めも楽になりました♪


ただ、カバーリングサッシは、マンションに依っては、
許可が出ない場合もあります。

カバーリングサッシに交換されたい場合は、
マンションの管理組合に問い合わせてみてください。



* Y's design studio *


| 建築用語・知識 | 13:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://ysdesignstudio.blog40.fc2.com/tb.php/173-2979ab68

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。