FC2ブログ

Just cozy space ~心地いい空間探し~

Y's design studio's Blog

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

素晴らしい職人技で蘇った板材

現在、以前お手伝いさせて頂いた和食屋さんのフロント(外観エントランス)の
リニューアル工事を計画中です。

色々検討し、ほぼ確定したので、後は短期集中で工事をするだけです。


今回、ご希望だったのは、以前お店でご使用されていた木のまな板を
お店の看板として使いたいということでした。




木まな板画像
使用されていたまな板




木のまな板なので、もちろん使用することは可能ですが、そのままの味を残して
使用するには、かなり年季が入り過ぎているし、板が長過ぎてバランスが悪いので
綺麗に製材して再利用することを提案しました。

ただ、製材すると綺麗になり過ぎて味が無く、普通の看板になってしまいそう
だったので、今回はこの板を『なぐり加工』して使用することをご提案しました。


ナグリ加工とは、その昔『ちょうな』という道具を使って腐りやすい丸太などを
加工する下処理の技術でしたが、千利休が茶室にそのまま使用したことから
意匠にも使用されるようになったと言われています。




ちょうな
ちょうな




なぐり加工にはいくつかの種類がありますので、主な加工をご紹介します。




京風なぐり
京風なぐり




ちょうなのハツリ
ちょうな加工




亀甲
亀甲なぐり




波
波加工




スプーン
スプーン加工




プラント
プラント加工




古くから伝わる素晴らしい技術ですが、最近はこの加工ができる職人さんが少なく、
今回の工事のために、いい職人さんを探すのに苦労しました。

でも、苦労した甲斐があり、素晴らしいナグリ加工をしてもらえる職人さんが見つかり、
使用感たっぷりだったまな板が、新たな看板板として蘇りました。




写真 1
京風ナグリ加工で蘇った板材




現在、このなぐり加工を施した板は木看板屋さんに預け、お店の名前を彫ってもらっているところです。

果たして、どんな素敵な看板に仕上がって来るのか楽しみです!

そして、エントランスの建具もなぐり加工した無垢材で制作予定で、
現在、なぐり加工の職人さんに建具用の板材を制作してもらっています。


看板、建具が出来上がり、フロントのリニューアル工事が終わったら、
また、ビフォアー&アフターでご紹介できればと思っています。




* Y's design studio *



| 仕事の話 | 11:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://ysdesignstudio.blog40.fc2.com/tb.php/242-97191f72

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT