FC2ブログ

Just cozy space ~心地いい空間探し~

Y's design studio's Blog

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

歴史的建造物の焼失

今日、旧吉田邸がほぼ全焼してしまいました。


昨年から、旧住友家俣野別邸や、旧モーガン邸、深沢二丁目広場など、
不審火による火災で、相次いで歴史的建造物が焼失し、残念としか言いようがありません。。。

(深沢二丁目広場は、世田谷で唯一残っていた農家の長屋門が在り、
 江戸時代の農家の形式を感じることができる場所だったそうです。)


旧モーガン邸は、一昨年5月に不審火で大部分を焼失した後、
修復工事が進められていたようですが、昨年初め、
修復工事中に再び不審火があり、全焼してしまいました。


ここまで歴史的建造物の不審火による火災が相次ぐと、
どう考えても「放火」の可能性を疑ってしまいます。



以前、放火の要因は大きく二つに分けられ、
「失業率と放火件数は比例する」という記事を読んだことがあります。


放火の大きな要因の一つは、“心理的要因”で、
精神的ストレスや、他人への恨みなどだそうです。

もう一つは、不況など経済的なことに起因する“モラル・ハザード”だそうです。


ただ、景気が悪くなり失業率が高くなると、“モラル・ハザード”だけではなく、
“心理的要因”による放火も増え、全体の放火件数が増えるのだそうです。

(その理由がいくつか挙げられていたのですが、
 残念ながら、その内容まではハッキリと覚えていません。。。)



昨年から立て続けに起こったこれらの火災が、放火によるものだとすると、
歴史的建造物は自治体が所有している場合が多いと思うので、
“モラル・ハザード”は考え難いと思います。

そうなると、不景気などによる“心理的要因”に起因した
放火の可能性が高いと考えられます。


場所から考えて、旧吉田邸、旧住友家俣野別邸、旧モーガン邸は
同じ犯人の可能性も考えられます。

しかし、深沢二丁目広場は、あまりにも場所が離れており、
放火だとすれば、犯人は別人の可能性も高いのではないでしょうか。



大きな話題性の高い事件が起こった後、“模倣犯”が出没し、
同じような犯罪を起こすことが多々あります。

年々被害が増加している「振り込め詐欺」も、
多くの模倣犯のせいで、ますます被害件数が増え続けています。

深沢二丁目広場の放火犯は“模倣犯”かもしれません。。。



いずれにしても、これ以上、放火や模倣犯が増え、
歴史的建造物(もちろん他の建築物も含め)が焼失しないことを願います。



※これは、あくまでもニュースや新聞から感じた私の見解で、
  これらの不審火の原因が放火でない可能性もあります。



にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

| ひとり言 | 00:29 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちは!早速遊びに来ましたー☆
物凄く、センスの良さが感じられるブログですね!
私も、こんなトップページの写真のような素敵な部屋に住みたいです(苦笑)
最近、関東の方で火事が多いですね。
この間もありましたよね。
放火だとしたら、恨みなのかな?と感じました。
でも、せっかくの歴史的建造物が、一瞬でなくなるなんて、
本当に火事は恐ろしいですね・・・。

| youpi | 2009/03/25 16:59 | URL | ≫ EDIT

youpi さん

> こんにちは!早速遊びに来ましたー☆物凄く、センスの良さが感じられるブログですね!
◆ありがとうございます!そう言って頂けると嬉しいです♪

> 私も、こんなトップページの写真のような素敵な部屋に住みたいです(苦笑)
◆パリに行ったら、向こうのお部屋を自分色に染めるの楽しみですね。

> 最近、関東の方で火事が多いですね。 この間もありましたよね。
> 放火だとしたら、恨みなのかな?と感じました。
◆乾燥した時期が続いたせいで、色んな種類の火事が頻発していますね。。。
 でも、放火だけは、本当に許せません。

> でも、せっかくの歴史的建造物が、一瞬でなくなるなんて、
> 本当に火事は恐ろしいですね・・・。
◆一部焼失でも、二度と同じ形に修復はできないので、本当に残念だし、
 火事は恐ろしいですね。。。

| chocolate | 2009/03/25 23:40 | URL |














TRACKBACK URL

http://ysdesignstudio.blog40.fc2.com/tb.php/3-c9f23391

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT